不動産鑑定評価書が役立つ『共有物の分割』

【事例】

共有物の分割

先代から土地をきょうだい2人で相続しましたが、1筆の土地なので2人の共有となりました。ただ、共有は何かと制約がありますから単独所有が望ましいことはいうまでもありません。

【解説】

この場合、交換の手法で土地を分割する方法があります。
不動産鑑定評価書が役立つ共有物の分割の説明図
中間地であるA地、角地であるB地が等価となるよう計算して分筆線を決定し、それぞれの持分を交換してA地、B地を単独所有にします。

この場合の価値調整に、不動産鑑定士の鑑定評価が役に立ちます。